根管治療

根管治療

根管内部の感染を取り除き、自分の歯を守る!

根管内部の感染を取り除き、自分の歯を守る

「熱いものを飲んだり食べたりすると、しみる」
「歯の奥が痛い」
などの症状があれば、歯の神経などに菌が感染しているサインです。
このような症状がある方は、すぐに歯科医院にご相談ください。
虫歯が進行した場合、歯の奥の神経にまで影響を与えてしまいます。根管内部にある神経に菌が感染した場合、歯の神経や血管を取り除き、その箇所を洗浄・消毒する必要があります。
最近では、根管を手軽に洗浄できるレーザー治療器なども登場していますが、根管の形や状態は人それぞれです。そのため、治療に長い時間を要する人もいるのが現状です。また、根管治療をしっかり行わないで治療を終了してしまうと、その治療箇所から感染が起こり、再び治療を要する例もあります。そのため、根管治療をせずに歯を抜いてしまった方が早いのではないかと思われる方も多いかもしれませんが、当院では歯を1本でも抜くというのは最後の手段であると考えております。歯を抜くことで、他の歯の生え方にも大きな影響を与え、かみ合わせなどにも大きく関わってくるからです。もし、他の医院で抜くことを提案されて悩んでいる方がいらっしゃれば、是非一度、当院までご相談ください。

根管治療の流れ

  • 1STEP.1 診断

    まずはお口の中の状態を見せていただき、レントゲンなどを利用して、根管の状態を確認します。

  • 2STEP.2 神経の除去

    根管にある神経や血管に菌が感染しているとわかれば、それらをキレイに取り除きます。

  • 3STEP.3 根管の洗浄、消毒

    根管内を洗浄・消毒することで、無菌状態をつくります。

  • 4STEP.4 根管に薬剤を充填

    再度、菌が根管に入らないように、隙間なく薬剤を入れていきます。

  • 5STEP.5 被せ物の装着

    歯を補強するための土台を立て、被せ物を装着します。
    根管は、歯の根元など手の届かない箇所の治療になります。また、日頃の歯ブラシで清潔にしても改善されるものではありません。進行が酷くなる前に、歯科医師にご相談ください。早期治療は、ご自分の歯を残す確率を高めます。

Pagetop