インプラント・口腔外科・補綴

インプラント

インプラントは、歯科医師と患者さんの連携が必要な治療法です。

インプラントは、歯科医師と患者様の連携が必要な治療法です。

虫歯や歯周病によって、残念ながら歯を抜かないといけなくなった場合、インプラント治療を行うことがあります。最近では、インプラントが普及してきたのもあってか、当院にもインプラントのご相談にいらっしゃる方も増えてまいりました。しかし、当院ではまず患者さんのご要望をお伺いしたうえで、インプラント治療を行っております。
本当にインプラントが必要なのか、患者さんは歯科医院での治療を通じてどのようなゴールを目指しているのかを探りながら、最適の治療方法を提案させていただきます。

インプラントのメリット・デメリット

メリット

ほとんど、自分の歯との違いがわからず、審美性に優れている。
周囲の自分の歯に負担やリスクがない。
材料に純チタンを使用しているので他の金属に比べ金属アレルギーになりにくい。

デメリット

保険がきかないので、治療費がかかる。
外科手術が必要になる。
インプラントが付着するのに時間かかる。

インプラント治療の流れ

  • 1STEP.1 カウンセリング

    患者さんが最終的にどのようになりたいのかをヒアリング。そのうえで、インプラントのメリット・デメリットの説明や、外科手術が必要なため、術中・術後の説明をしっかりさせていただきます。

  • 2STEP.2 診断

    実際にインプラント治療が行えるかなどを診断。顎の骨などが少ない人など、状況によっては治療をお断りしないといけない事もありますので、ご了承ください。
    また、当院にはCTがありませんが、提携先の協力により検査・治療を行えますので、ご安心ください。

  • 3STEP.3 手術

    当院で行うこともあれば、難症例の場合、大学病院を紹介しての施術になる場合もあります。

  • 4STEP.4 メンテナンス

    インプラントを入れて、3ヶ月後に当院までお越しいただけるようにお願いしております。その後は半年に一度、メンテナンスを受けていただく必要があります。
    インプラント治療は、歯科医師が一人でできるものではありません。大切なのは、インプラント手術を行った後のメンテナンスや、患者さんの口腔内に対する意識の向上です。それができてはじめて、機能性・審美性に優れたインプラントを手に入れる事ができるのだとご理解いただきたいと考えております。当院では、インプラント治療は、最終手段だと考えております。骨を削ったり、自分の歯を失うということはそれなりのリスクがあるものです。とてもデリケートな問題ですので、ご自分で判断せずに、歯科医院に一度ご相談いただければと思います。

口腔外科

抜歯・親しらず

抜歯の際の注意

虫歯の進行や、矯正のために仕方なく抜歯をしなければいけなくなる時があります。 抜歯は一般外科処置と同じで手術の範囲になります。 トラブルにならないためにも、下記の事を注意してください。

抜歯についての注意事項

・現在、薬を服用されている方、持病がある方、妊娠中および妊娠の可能性のある方やアレルギーのある方は抜歯する前に主治医に相談しましょう。
・抜歯前日は十分な睡眠を心がけてください。
・抜歯前日は飲酒は控えましょう。
・抜歯当日は、できるだけ体をしめつけない服装を心がけましょう。
・抜歯当日の歯ブラシは念入りにして、清潔を保ちましょう。
・麻酔を使用するので、歯科医師の指示をよく聞いてください。
・抜歯後は患部を舌で触ったり、激しいうがいは避けてください。
・抜歯後は激しい運動・長時間のお風呂、飲酒は避けましょう。
・抜歯後の抗生剤や痛み止めの服用は、歯科医師の指示に従ってください。

親しらずの抜歯

親しらずは、「抜いた方がいい」という認識をお持ちの方が多いかもしれませんが、一概にそうだとは言えません。親しらずを抜いた方がいいかの判断は、一人ひとりの口腔内の状況によって決まります。もし、親しらずが気になるという方は、まずは歯科医師にご相談ください。また、抜歯となった場合、抜歯後の痛みのケアや消毒、近くの歯に与える影響を考えた矯正など、術後もしっかりサポートさせていただきますのでご安心ください。

根尖切除

歯を抜かずに病気を起こしている根の先を切除します。

外科的根管治療

<再植>
一度抜歯をして根もとの汚れているところをきれいにして、もとに戻します。
<移植>
不必要な親知らずや歯列からはみ出ている歯を残すことが不可能な歯のところへ移植します。

補綴

歯冠部

歯の頭のところをかぶせる治療です。

原則、保険の範囲で行いますが、特に審美や希望で貴金属を使いたい方には要望に応じて、より体に優しいセラミック、ゴールドを使った被せ物を提供しております。

入れ歯

あなたのお口にピッタリ合うものを選ぶことが大切です!
あなたのお口にピッタリ合うものを選ぶことが大切です!

歯を失った人が、一番最初に対処法として思いつくのが「入れ歯」だと思います。
入れ歯とは、人工的に作った歯や歯茎をはめ込んで使う義歯のことです。入れ歯によっては保険が適用されるので、お求めになる患者さんが多いのが現状です。また、インプラント手術に抵抗のある方や、インプラントをしたいけど健康状態や口腔内の状況によって手術ができないと判断された方でも、入れ歯なら使用できるなど幅広く対応できるのも特徴の一つです。
初めて入れ歯を利用する人は、入れ歯に対して少し抵抗を感じるかもしれません。
そのような不安を取り除くためにも、最初にしっかり患者さんのご要望を伺いながら、診療を進めていきたいと考えております。

保険適用外の入れ歯の種類

金属歯

歯ぐきの部分を極力薄くできる金属で作ります。

コーヌスクローネ

茶筒式義歯とも呼ばれ、外冠と内冠の摩擦力によって維持します。

磁性アタッチメント

磁石によって装着するので、安定感や咬む力を求める人に有効です。

ノンクラスプデンチャー

金具を使用せず、見た目が天然歯に近い入れ歯です。

インプラントデンチャー

審美性、機能性に優れていて、噛んだ時の感覚もリアルなのが特徴です。

※当院には、技工士がおりますので、義歯についても気軽にご相談ください。それぞれのメリット・デメリットを考慮したうえで、患者さんに合った義歯をご提案させていただきます。

Pagetop